卒業式用の袴はメイクサービス付きの専門業者から借りるのがベスト

和の美人たち

小学生最後の卒業式に袴をレンタルして一生の思い出に

日本人

小学校の卒業式で服装の規定がない場合、袴レンタルをお勧めします。店によっていろいろなプランがあるので、自分の好きなスタイルで袴レンタルすると良い思い出が出来ると思います。
写真とセットになっているプランであれば、小学生の記念に写真を撮って、卒業式にも袴を着るということが出来ますし、当日だけということであれば、低めの価格を設定して袴レンタルすることが出来ますので、どちらでも子ども本人にとって、とても良い思い出になると思います。
袴を着る機会というのは、卒業が主になるので、なかなか機会がありません。しかも、袴というと大学の卒業式が思い浮かぶように、もし着るとなっても大人となってからと袴ですので、小学生の袴姿とは全く違うものになります。小学6年生は大人びてきていて、袴姿も似合います。大人びた上に大人っぽい袴を着て、でもその中に初々しさもあるという特別な感じを保護者も味わうことができて、かなりの特別感があります。
女の子の良いところは、おしゃれがたくさん出来ることで、ドレスは誕生日や七五三、家族の記念日などで着る機会が多いように思いますが、袴は卒業の時という概念があるので、小学生の、その日しかない特別な日に袴を着るのは一緒の思い出作りになるはずです。


TOP